自動車保険 安い

こんなに保険料が安くなる理由

自動車保険の一括見積もりサイトには、通販型やダイレクト型といわれる自動車保険会社が参加しています。テレビCMなどで、よく目にするソニー損保やアクサダイレクトなどがそれに当たります。

 

通販型やダイレクト型と言われる自動車保険の魅力は、何といっても保険料が安いというところですね。そして、電話やインターネットを通して簡単に申し込みできるところも人気の理由です。
どうしてこんなに安い保険料なのか?って気になりませんか。

 

それは、従来からある代理店型と呼ばれている自動車保険では、店舗を持ち代理店に人を配置する必要があり、代理店手数料というものが発生してきます。この代理店手数料は10〜20%かかるとされ、それは保険料の一部に加算されてくるのです。
ですが、通販型やダイレクト型では、店舗を持つ必要がないので、代理店手数料の分のコストが削減できるため、その分を安い保険料というかたちで反映させることができるのです。

 

通販型やダイレクト型では、ロードサービスを充実させている保険がとても多いのが特徴と言えます。もちろん365日24時間、事故受付をしれくれますし、休日や深夜でも事故現場に担当者を急行させてくれるサービスもあり、ロードサービスという点では、代理店型よりも優れています。
では、ロードサービスが充実している、保険料が安いなどの条件で自動車保険を探す時はどうしたらいいのでしょうか?

 

一番簡単なのが自動車保険の一括見積もりサイトを利用すること。簡単というのは一度にたくさんの保険を見比べることができる、という点です。一括見積もりサイトでは、保険料が安いところのランキングなども閲覧することができ参考になります。しかし、このランキングはあくまで平均値であり、あなたの保険料はあなたの条件で見積もりをするのが必須です。
自分の意思で自動車保険を決めたい人、代理店の人に言われるがまま保険に加入したくない人には、ぜひ自動車保険の一括見積もりサイトを利用して欲しいと思いますね。

 

《一括見積に参加している保険会社》

料金を比較してお得な保険選び

自動車保険って何だか難しい専門用語ばかり並んでいて、深く理解するのが難しそうなイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

保険は万が一に事故が起きたときにしか使うことはありませんから、日常生活では使用しない用語もたくさん出てきます。

 

普段ふつうに車に乗っている分には、ちょっと縁遠い存在な気もしますよね。でも車を運転する人なら誰でも万全の備えをしておかなければなりませんし、自分の保険の内容について理解しておけば何かと役に立ちます。

 

自分が契約している保険について何も把握しないままだと、実は必要のない補償まで付いていて無駄な保険料を支払っている可能性もあるのです。この保険料の内訳というのは、保険金を支払うための準備金・保険会社の諸経費・保険会社が手にする利益・代理店の手数料などに大別されます。

 

はじめの3つについては必要不可欠なものですから、安いものとは言ってもなかなか削減は不可能でしょう。でも最後の手数料というのは削減の余地があるんです。
代理店型の自動車保険は、この手数料が占める割合も大きくなっています。万が一の事故対応などにおいて、代理店特有のきめ細かなサービスが期待できる分、保険料が割高になってきます。

通販型のメリット

いっぽう近年需要が高まっているダイレクト通販型の自動車保険では、この手数料の部分を大幅にカットしています。そうすることで保険料もかなり安いレベルで抑えることが可能になっているんですね。

 

従来の代理店型のサービスを重視する方も多いですが、保険料が安いことを一番に考えるなら、やはりダイレクト通販型の保険が最適でしょう。ただこのダイレクト通販型保険も、いまや数多くの保険会社がしのぎを削っている状況です。保険を選びなおそうと思っても数が多すぎてどうやって自分に合うものを見つけたら良いのか分からない、という方も少なくありません。

 

そこで一括見積もりサイトをご紹介します。こちらのサイトでは21社の保険が扱われています。その数だけでも十分有用なのですが、各社保険の内容だけでなく、コラムや評判も掲載されているので大変役に立ちますよ。分かりにくい自動車保険の理解を深めるのにはピッタリのサイトなんです。

 

必要事項を入力すれば、一括で数社に見積もり依頼をすることもできます。どこの補償が充実していて、どこが保険料が安いのか一目瞭然です。届いた見積もり結果をじっくり比較検討すれば、自分の車に最も適したお得な保険を選ぶことができますね。